宮崎の手しごと展より

宮崎の手しごと展。
「塩メレンゲ!おいしい!」と声を届けてくださるお客様も多く、とても嬉しく思っております。

残念ながら数に限りがございます。お早めにお試しくださいね。


さて、高千穂地域のお品も多い企画展示ですが、高千穂という場所や神話をご存じない方も多いようなので簡単にお話ししますね。

高千穂は宮崎県の北端にあり、北西部と北部が熊本に隣接しています。
美しい柱状節理(ちゅうじょうせつり/多角形状の石の柱で成される地形)の渓谷が有名で、その美観と神秘性で写真愛好家が絶えません。この地域の魅力は、美しい景色だけではなく、日本神話所縁の場所を多数有するところで有名です。

その中でも有名な神話が、天岩戸(あまのいわと)と天孫降臨(てんそんこうりん)のお話。




天岩戸のお話とは・・・

天にいらっしゃいます神様で、伊勢神宮にお祀りされておられる天照大神(アマテラスオオミカミ)にはスサノオノミコトという乱暴者の弟がおられました。スサノオが酷いことばかりするのが嫌になり、アマテラスは岩戸(大きな洞窟の戸を閉めて)にお隠れになってしまいます。アマテラスオオミカミは太陽の神様。岩戸にお隠れになってしまったので世の中は真っ暗闇に。なんとか出て来ていただこうと神々が相談しあいます。(この相談した場所が高千穂にある天の安河原と言われます)

最終的に、アメノウズメノミコトという女の神様が岩戸の前で面白おかしく舞い、周りの神々それを楽しそうに囃し立てたところ、「自分がいないというのに何を楽しそうに騒いでいるのか・・・」と気になられたアマテラスオオミカミが少し様子をうかがおうとした岩戸の隙間にタジカラオノミコトという力自慢の神様が手を掛け、戸を投げ飛ばしたことでアマテラスオオミカミは岩戸の外へ・・・一件落着。そして、アマテラスオオミカミがお隠れになられた岩戸が祀られているのが天岩戸神社です。





天孫降臨とは・・・

天照大神(アマテラスオオミカミ)が天から地上を臨まれて、ここは私の子供が治めるのにふさわしいところ。と、その頃地上を治めていた出雲の神様に交渉の使者を遣わされます。一筋縄では行かない交渉でしたが、出雲の神様から国を譲っていただくことが決まった時には、行くはずだったアマテラスオオミカミの息子には既に子供がおり、結局その子供、つまりアマテラスオオミカミの孫に当たるニニギノミコトが天下る(あまくだる)ことになりました。

こうして天孫(アマテラスの孫)ニニギが、この国を治めるために降臨(天から降り立った)という神話が天孫降臨と言われるくだりです。そして、この降臨の地が、高千穂にある「くしふる神社」のある山だと伝えられています。






天の話と地上の話が錯綜しているので混乱しますが。あまり神経質にならずに(笑)
きっと、大昔この地域で、この国の将来を左右するような出来事があったのでしょう。おそらく、神話はそのようなことの伝承ではないかと思います。


パワースポットという言葉はつかいたくありませんが、とにかくとても神秘的な空気のながれるのが高千穂です。




高千穂のおたに家さんから、高千穂で育った無農薬の材料で仕込んだお茶が届いています。

ほっとするお味です。
くつろぎの時間にどうぞ。