一月行く

一月行く。

ニ月逃げる。

三月去る。

 

というほど、早く過ぎてしまうってことですが

まさにもう一月が行ってしまおうとしています。

 

もうすぐ節分。

そして立春、春がやってきます。

 

 

 

昨年の強烈な台風に枝葉を吹き飛ばされた樹々たちは、軒並み季節感が狂い始めました。

近くの梅の木も秋に花が咲き・・・

これって春にちゃんと咲くのかしらと心配していたのですが

先日、その同じ木を見に行きましたら、かわいい花がちゃんと咲いておりました。

 

なんか、ほっとしました。

 

 

 

 

久しぶりに梅林に花見に行きたい気分です。

梅の香りに包まれながらの花見は、桜のそれとは違う楽しみがあります。

 

 

 

 

元気な花がたくさん咲いて、

いい梅の実がたくさん実りますように。

 

 

 

 

 

鰯を焼く時の煙りが臭くて鬼が逃げるという発想。

 

鬼門の方角が丑寅だから、鬼は牛の角があって寅皮の衣をまとっているという発想。

 

 

 

日本人のそういうところがピュアで素敵で愛おしい。